地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 嵯峨の秋

<<   作成日時 : 2013/07/13 21:07   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

皆様 大変ご無沙汰いたしました。地唄FAN管理人です。
暑い日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

本日はamytime24様からご要望をいただきました、「嵯峨の秋」をアップさせて頂きます。
演奏は松尾 恵子師です。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Special thanks to 管理人 千 様  
    (邦楽データベース → 古典データベース) 

          http://www.eonet.ne.jp/~tngk/deta/koten/frame.html

                            (ご紹介者:藤枝 梅安様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

嵯峨の秋(さがのあき)


  さらでだに、ものの淋しき名にたてる、嵯峨のあたりの秋の暮、
  月は隈なき柴の戸に、忍びて漏らす箏の音は、峯の嵐か松風か、
  尋ぬる人のすさびかや。駒をとどめて聞く時は、
  つま音しるき想夫恋(そうふれん)、つま音しるき想夫恋。


そうでなくとも物寂しいと聞いている嵯峨野は、ましてや夕暮、一段と荒涼たる気配が濃い。明日に照らし出された仮住いの柴の戸あたりから、秘やかに聞こえる琴の音は、山の峰を吹く嵐の音かまたは松に当たる風の音か、それとも尋ねる人が弾いている琴の音であろうか。駒をとどめて何の曲であろうかと耳を澄ませば、爪音もあきらかに想夫恋という曲であった。

解説
[調弦]
箏高音:想夫恋調子(乃木調子から二・七絃を半音下げる)
箏低音:高音を全体に五度下げる

[作曲]
菊末勾当

[作詞]

[他]
手事物形式による高低二部合奏物の明治新曲。
平家物語の小督の巻に取材、小督が想夫恋の曲を奏する場面を描いたもの。
手事は三段。



インターネット上で見つけた歌詞の解説サイトです。こちらはリンクして参照頂くのが良いのではと思いますので、URLを掲載させていただきます。(山戸 朋盟様のHPより)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~houmei/kasi/saganoaki.htm


「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今日初めて拝見して驚きました!!!
まさかアップしてくださるとは思ってなかったので…。
ありがとうございます。
お箏をしているのですが、田舎に住んでいてなかなかいい音源がみつけられず、聴ける機会がないのでお稽古の時間だけでは足らなくて。毎晩聴かせていただきます!
amytime24
2013/07/17 23:48
amytime24様へ

管理人です。
お喜びいただけて、私も嬉しいです。お会いしたことは御座いませんが、同好の士の方に喜んで頂ける事が当ブログを充実させる励みになります。誠にありがとうございました。

かなり長い間当ブログも放置しておりましたが、当方も少し時間の余裕が出来て参りましたので、もう少し真面目にやって行きたいと思います。

またご希望など御座いましたらお聞かせ下さい。よろしくお願いいたします。

お喜び頂けて良かったです。
2013/07/18 12:21
う〜ん。。素晴らしいとしか言葉が出て来ません。

当方、三弦を主体にお稽古いたしております。
明治新曲を弾く機会が多く、今回、この「嵯峨の秋」をお稽古することになり、こちらに伺った所、最近松尾恵子師の演奏がアップされたことを知り…ありがたく聞かせて頂きました。

ただただ頭を垂れて聴き入るばかりです。
自分のお稽古不足を反省とか、少しでもこのような演奏に近づきたいなどと言う言葉すら畏れ多い気がして、本当に言葉が出ません。

自分の箏、三弦に向かい合う気持ちから直して行かなければと言う思いにさせていただきました。
ありがとうございます。

秋凛
2013/10/02 12:38
秋凛様へ

管理人です。うっかりして秋凛様からのコメントを頂戴したのを見過ごしてしまっていたようです。誠に申し訳ありません。コメントしていただき本当に有難うございます。

現在は不定期での更新ですが、またぽつぽつやって参りますので、今後共何卒よろしくお願いいたします。
秋凛様 気づくのが遅れてスミマセン
2013/10/12 16:05
いつも様々な曲を聴かせていただいて大変勉強になっています。
実は、お伺いしたいのですが嵯峨の秋のCDが必要になって探しているのですがどうしてもみつけることができません。
音源等はどのようにして手に入れられているのでしょうか。
岡山に住んでいるのでそちらよりは情報が少ないのかもしれませんが、インターネットでもそれらしきものがみつけられないのでよかったら教えていただけると大変ありがたいです。
amytime24
2013/10/14 21:01
amytime24様
管理人です。コメントありがとうございます。

「嵯峨の秋」のCDを探しておられるとのこと。私も少しインターネットを見てみましたが、以下のURLが参考になるかもしれません。

http://hj-how.com/SHOP/1213.html
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81212N00669.html
http://search.japo-net.or.jp/item.php?id=VZCG-562

ただし、当ブログに掲載した演奏のCDは現在販売されていない様です。(そもそもCDで出ていたのかどうかも若干定かでは有りません)

と言いますのも「音源はどのようにして入手しているか」とのご質問のお答えにもなると思いますが、当方の所有する音源は私の先輩から受け継いだ物で、元がレコードなのか放送なのかCDなのか 或いは 極めて私的なものなのか全く定かではないのです。

先輩が貴重な時間を費やして収集した音源を私だけが死蔵していては大変申し訳ないので、少しでも地唄にご興味を持っておられる皆様に鑑賞していただこうと当ブログを設置したという訳です。

もしブログに掲載された「嵯峨の秋」の演奏をご希望の場合は、メールアドレスをお知らせください。別途コンタクトさせていただきます。アドレスの掲載されたコメントは私が内容確認したあと、可及的速やかに削除いたしますので、ご安心下さい。

それではよろしくお願い致します。


amytime24様へ お問い合わせ頂き...
2013/10/15 14:53
管理人様
大変、丁寧な回答をいただいてありがとうございます!
またわたしの知識不足で調べ足らずお手をわずらわせてしまい申し訳ありません><
掲載いただいたリンクの方をよく見てまずは購入してみたいと思います。

ご存じだと思いますが、地唄の場合はそれぞれの流派などによって少しずつ違っていると思いますので、どうしても合うものが手に入らなかった場合は、メールアドレスを掲載いたしますのでまたお知恵を拝借してもいいでしょうか。
本当にありがとうございました!
amytime24
2013/10/15 23:54
amytime24様へ
管理人です。

ご参考になれば幸いです。確かに演奏者によって少しずつ手が違っていますので、もし必要でしたらご遠慮無くおっしゃってください。 

今後共よろしくお願いいたします。
amytime24様へ 管理人です。
2013/10/16 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
嵯峨の秋 地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる