地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛燕曲

<<   作成日時 : 2016/06/24 20:21   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様へ

管理人です。本日は富山 清琴師 演奏による 「飛燕曲」をアップいたします。



23AB04

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Special thanks to 管理人 千 様  
    (邦楽データベース → 古典データベース) 

          http://www.eonet.ne.jp/~tngk/deta/koten/frame.html

                            (ご紹介者:藤枝 梅安様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
飛燕曲(ひえんのきょく)


一 久方(ひさかた)の雲(くも)の袖(そで) 古(ふ)りし昔(むかし)に偲(しの)ばし
  花(はな)に残(のこ)る露(つゆ)よりも 消(き)えぬ身(み)ぞはかなき

二 夜(よ)を照(て)らす白玉(しらたま)の 数(かず)の光(ひかり)ならずば
  天津乙女(あまつおとめ)の挿頭(かざし)して 月(つき)に遊(あそ)ぶなるらん

三 紅(くれない)の花(はな)の上(うえ) 露(つゆ)の色(いろ)も常(つね)ならん
  夢(ゆめ)は残(のこ)る横雲(よこぐも) 降(ふ)るは袖(そで)の涙(なみだ)かな

四 懐(なつか)しや古(いにし)へを 偲(しの)ぶに匂(にお)ふ我(わ)が袖(そで)
  濡(ぬ)れて干(ほ)す小簾(こす)の外(と)に あはれ馴(な)れし燕(つばくらめ)

五 類(たぐ)ひなき花(はな)の色(いろ)に 心移(こころうつ)すこの君(きみ)
  現(うつつ)なき思(おも)ひこそ いとどなほ深見草(ふかみぐさ)

六 散(ち)りやすき慣(な)らひとは よそにのみ聞(き)きし身(み)も
  移(うつ)ろふは我(わ)が咎(とが) 恨(うら)むまじや春風(はるかぜ)


1.亡き人が雲のようにたなびく袖をひるがえして舞った遠い昔が懐かしい。花に残っていても、やがて消えてしまう露よりも、消え去った后の身は、はるかにはかない

2.(もし亡き人に逢う事が出来るとするなら、それは)夜光の白玉をたくさん集めた群玉山の光に逢う事が出来るような機会でなければ、天女が花を頭に飾って月下に遊んでいるのを見ることが出来るようなものだ

3.ボタンの花の上に置く露も儚いものである。夢覚めれば、暁の横雲だけが残っていて、袖には涙の雨が降っている

4.懐かしいことよ。昔を思い出すと、忍草の露が我が袖にかかったように涙に濡れてしまったが、その袖を御簾の外に干すと、そこには馴れた可憐な燕のような美人がいる

5.世に稀な牡丹の花のような美人の容色にすっかり心を奪われてしまった皇帝は、正気を失って、なおも牡丹の花のような美人に思いが深まっていく

6.花は散りやすい墓に物と、余所ごとには聞いていたが、やがて我が身にもふりかかり、寵愛が薄れていくだろうが、それは自分自身の罪で、決して春風を恨むまいよ

[別名]
清平調

[調弦]
本雲井調子

[作曲]
安村検校




「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飛燕曲 地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる