地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 櫻川

<<   作成日時 : 2015/03/21 16:18   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

皆様 大変ご無沙汰いたしました。
如何お過ごしでしょうか?

悦様から「櫻川」のご要望がございましたので、アップいたします。
演奏は藤井 久仁江師とお弟子さんです。
よろしくお願いします。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Special thanks to 管理人 千 様  
    (邦楽データベース → 古典データベース) 

          http://www.eonet.ne.jp/~tngk/deta/koten/frame.html

                            (ご紹介者:藤枝 梅安様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

桜川(さくらがわ)

  あら玉の、春は氷も解け初めて、浪の花こそよすらめと、
  瀬々の白波しげければ、かすみぞながす浮島の、
  げに面白や。昔の春も今もなほ、変らで花の麗はしく、
  水もにごらぬさくら川。


年があらたまって春になると、氷も解け始め、やがては桜の季節になる。ここは桜の名所なので、この桜川の川波に桜の花の散り浮んだ眺めは、またとなく好ましい見物であろう。川のあちこちの瀬に白波が立つので、信太の浮島あたりは、霞を流したようにかすんでいる景色は、誠に面白い。昔の春も今の春と変わらず、桜は麗しく、桜川の水もまたにごってはいない。

解説
[調弦]
三絃:二上り−三上り(高一下り)−本調子
箏:半雲井調子−平調子
  平調子−中空調子(九州系など)

[作曲]
光崎検校

[作詞]
石野某

[他]
京風手事物。
藤永検校作曲の三下り端唄・謡物の『桜川』と区別して『新桜川』ともいう。
謡曲『桜川』で有名な、常陸の桜川(筑波川)を歌ったもの。一部謡曲の詞章によるが、謡曲そのものとは無関係。
初段に『八重霞』の手事一段を地として用い、二段に砧地を合わせる。三絃替手もあり、三絃合奏もある。


インターネット上で見つけた歌詞の解説サイトです。こちらはリンクして参照頂くのが良いのではと思いますので、URLを掲載させていただきます。(山戸 朋盟様のHPより)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~houmei/kasi/sakuragawa.htm

「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。お体の具合いかがですか?
また素晴らしい音源を供して頂きありがとうございます。「桜川」はありそうで、なかなか見つからない曲のひとつですね。屈託ない穏やかな印象で「七小町」とか「三津山」などとは違う光崎の一面を感じます。話は全く変わりますが、教えて頂きたいことがありまして、大した事ではないのですが、例のSNS上でメッセージをお送りしてよろしいでしょうか?
喜音院
2015/04/11 01:23
喜音院様へ

管理人です。お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか?
体調を気遣って頂き誠に有難うございます。

昨年は丁度この頃の花冷え→風邪→肺炎!! と悪化してしまい往生しましたので、今年は5月の声を聞くまで汗をかこうが何しようが暖かくしていようと思っております。お陰様で今年の冬は風邪をひかずに乗りきれるかもしれません。

私も色々な物をかじっているのですが、最近はSNSからは遠ざかっています。以前どんな手段でメッセージを頂きましたですかねぇ。google+でしたでしょうか。

もしその手段であるとすれば、一度メッセージを送って頂けますか? こまめにチェックして見たいと思います。

もしダメでしたら何か他の手段を考えましょう。

よろしくお願いいたします。


お久ぶりです。有難うございます。
2015/04/13 12:24
お返事ありがとうございます。

そうでしたか、私も三十を数年越しましたが、何となく健康のことは気になり始めました。本当に元気が一番ですね。

まわりくどい書き方をして失礼いたしました。先ほどmixi上でメッセージを差し上げましたのでお時間のある時ご覧いただければと思います。

それにしてもこの曲は短いせいもあるでしょうが、光崎というと物すごく凝っているというイメージですが、割合直でストレートな印象ですね。

それから、話があちこち行ってすいません、菊原初子の「雉子」の歌詞がわかりましたので、遠くないうちに、こちらか、またはメッセージ上でお送りします。詳しいことはその中に差し上げますが、浄瑠璃の心中物からとった芝居歌物のようです。

ではよろしくお願い致します。
喜音院
2015/04/14 01:59
喜音院様へ

管理人です。御返事が遅れ大変申し訳ありません。

この所(数年?)mixiの方は放ったらかしにしてしまった結果、お恥ずかしながらID:WPの類も紛失してしまい、mixiそのものに入れない状態なのです。色々調べたのですがダメでした。

何か他の手段を講じないといけないですが・・・
何か妙案はお持ちで無いですか。大変ご迷惑をお掛けしますが何卒よろしくお願いいたします。

管理人です。
2015/04/19 10:11
管理人様。いつもお世話になっています。大変大変遅くなり申し訳ございません。桜川、大変ありがとうございます。とても勉強なりました。また稽古することとなったのでここで勉強させて頂きます。藤井師の演奏はとても味わい深いものがあります。ありがとうございました。

2016/03/29 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
櫻川 地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる