地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇治巡り 

<<   作成日時 : 2010/10/27 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

皆様如何お過ごしでしょうか? 地唄FAN管理人です。
随分寒くなってきましたねぇ。暑さに負けて暫く静かにしていたことが嘘のようです。

今回は「宇治巡り」をアップ致します。演奏は
唄・三絃 阿部 桂子師
 箏    藤井 久仁江師
尺八   青木 鈴慕師
によるものです。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Special thanks to 管理人 千 様  
    (邦楽データベース → 古典データベース) 

          http://www.eonet.ne.jp/~tngk/deta/koten/frame.html

                            (ご紹介者:藤枝 梅安様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

宇治巡り(うじめぐり)


  万代(よろずよ)を、摘むや茶園の春風に、寿添へて佐保姫の、
  賑はふ袖の若緑。人目をなにを初音。霞を分けて青山の、
  小松の城や綾の森、千歳障りもなしむしに、
  齢ひ老いせぬ姥昔(ばばむかし)。誰にも年を譲り葉の、千代の緑の松の尾の、
  神代の末の後昔(あとむかし)。光を添へて園の梅、なお白梅の色香にも、
  深くぞうつる川柳。湖水越すだに宇治の波、初花見する山吹の、
  花橘の匂ふてふ、夢を結ぶの折鷹や、小鷹の爪に枝しめて、
  木蔭も多き一森の、喜撰の庵(いほ)の夏の峯。滝の音をも菊水の、
  朝日山の端(は)、薄紅葉、高尾の峰に雁がねの、あさる声々笠取の、
  数万所(かずまんどころ)面白や。心を澄す老楽(おいらく)は、祝ひの代(しろ)にうたふ舞鶴。

解説
[調弦]
三絃:本調子−二上り−三下り
箏:半雲井調子−平調子−中空調子

[作曲]
松浦検校
箏手付け:八重崎検校

[作詞]
田中幸次

[他]
京風手事物。松浦四つ物の一つ。
宇治の茶の銘をつづって(歌詞中の太字)春・夏・秋の風情を歌う。
手事は前後二回あり、マクラ・本手事・チラシ。
かつての許し物。


インターネット上で見つけた歌詞の解説サイトです。こちらはリンクして参照頂くのが良いのではと思いますので、URLを掲載させていただきます。(山戸 朋盟様のHPより)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~houmei/kasi/ujimeguri.htm


「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめてコメントします!りつりつと言います。
このサイトを知ったのは融を聞ける場所を探していたときからだったのですがいつもすばらしい音源で惚れ惚れしてしまいます……!
宇治巡りはまだまだ私には手の出せない曲ですがいつか弾いてみたいと思っているので何度も聞いて雰囲気だけでもつかもうと時間があれば聞いています。

お忙しいと思いますがリクエストはよろしいでしょうか?
最近いろいろな難曲を聞いているのですが
石橋や八重衣、宇治巡り、融などのほかにも難曲の演奏がありましたらお聞きしたいです。
特に「千代の鶯」がありましたらお願いします。
りつりつ
2010/10/27 23:59
りつりつ様 
初めまして。地唄FAN管理人です。コメント有り難うございます。大歓迎です!!

「融」の頃からお聴き頂いていたとのこと。誠に有り難うございます。少しはお役に立っているようで何よりです。特に「宇治巡り」は将来お弾きになりたい曲とのことで、今の内から聞いておられれば練習を始められる時にはきっと自然に入って行くことが出来ますね。

「千代の鶯」がありましたらお願いします。
>管理人
「千代の鶯」をご希望とのこと。確か保有していたと思いますが、どなたの演奏かも良く覚えておりませんので、少しお時間を頂戴して調べてみる必要があると思います。ちょっと先になってしまって申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

今後とも何かお気づきの点や感想など御座いましたら、気軽にコメントして頂ければ有り難いです。なにとぞよろしくお願い致します。
りつりつ様 初めまして! 大歓迎です
2010/10/28 08:35
宇治巡りはさすがに大曲の風格がありますね。
阿部先生の歌声すばらしいです!
これまで
聴いてきた録音は「宮城道雄+中能島欣一」バージョンで
これはもうさすがにすごい録音なんですが、
この阿部先生の録音もすごく気に入りました!
尺八もきれいですし、言う事ないです!

松浦検校の作品は最初の頃、聴かせていただいた
四季の眺めがすごく良くて印象に残ってましたが、
やはり同じ人が作ると、同じような特徴が感じられて
面白いですね。

やはり京風手事物は華やかですばらしい!
raimund
2010/10/29 19:04
「宇治巡り」は聴くのは大好きなんですよ。
でも、演奏するとなると難しいのなんの…。
技巧ももちろんですが、
曲の組み立てが難しいんです。
松浦の曲は漫然と演奏できない
雰囲気があって、すごく知的なのですが、
その雰囲気がなかなかでないのですね。
さすがに両先生は雰囲気を
出されていらっしゃいますし、
青木鈴慕先生も自分の世界で
組み立ててらっしゃいますね。

うますぎる演奏は参考にならないというのは、
(こんなたとえは怒られるかもしれませんが)
シューティングゲームの達人のプレイは
「おおー!」となるものの、
絶対に真似できないという、あの感覚です。
やはり自分なりに取り組んでいくしかないですね。
この曲は「八重衣」や「融」以上に、
今の自分の憧れの曲です。
ありす
2010/10/29 20:56
地唄FAN管理人です。raimund様 コメント有難うございました。

宇治巡りはさすがに大曲の風格がありますね。阿部先生の歌声すばらしいです!
>管理人
仰るとおりですね。特に曲の冒頭部分で「これは!!」と思ってしまいますね。

これまで聴いてきた録音は「宮城道雄+中能島欣一」バージョンでこれはもうさすがにすごい録音なんですが、
>管理人
ほー! そうでしたか。私はその音源は恐らく保有していないですね。

やはり京風手事物は華やかですばらしい!
>管理人
同感です!! 今も演奏を聴きながらこの書き込みをしております。普段はイヤホンで聞くことがほとんどなのですが、台風の影響でそとは大荒れなので、久しぶりにきちんとした装置で聞いています。やはり部屋に音が満ちるような形で聞くとまた印象が異なりますね。

今後ともよろしくお願いいたします。
raimund様 コメント有難うございま...
2010/10/30 11:54
地唄FAN管理人です。ありす様コメント有難うございます。

「宇治巡り」は聴くのは大好きなんですよ。でも、演奏するとなると難しいのなんの…。
>管理人
でしょうねぇ!! 私などはこの辺の曲に関しては「鑑賞の対象」でしかないので全く分かりませんが、その雰囲気は十分に伝わってきます。あれだけの唄を歌いながら三絃 あるいは 筝を演奏し、しかも曲としての構成をきちんとするなど私には想像がつきません。

うますぎる演奏は参考にならないというのは、(こんなたとえは怒られるかもしれませんが)シューティングゲームの達人のプレイは「おおー!」となるものの、絶対に真似できないという、あの感覚です。
>管理人
ハハハ なるほど ニュアンスは伝わってきますね。私の場合は前述したように「鑑賞の対象」でしかないので100%リスナーになって「おおー!!」って思ってます。

この曲は「八重衣」や「融」以上に、今の自分の憧れの曲です。
>管理人
そうでしたか! もっと早くアップするべきでしたね。スミマセン。またご希望などございましたらお知らせください。
よろしくお願いいたします。


ありす様 コメント有難うございます
2010/10/30 12:05
琴古流の尺八奏者です。
竹友社の青譜を用いていますが、この譜面では、歌詞が変体かなで書いてあり、長年、かな文字を読むことすら至難な事でした。
いちいち歌詞の読みを糸の先生に尋ねるのも気が引けて、合奏の際、唄はどうでもよいものとして、糸の音のみが合奏相手でした。
最近、地唄は唄と三味が柱だと気付き、唄に関心が向いています。
そのような時に、ここのホームページにたどり着きました。
歌詞を読むことの参考は言うに及ばず、合奏の前に曲の気分を確認するためにも利用させて頂いています。ありがとうございます。
れい2
2010/11/07 17:43
れい2様 地唄FAN管理人です。
コメント有難うございました。大歓迎です!!

琴古流の尺八奏者です。
>管理人
れい2様は尺八を演奏される方なのですね。このブログをご利用いただいている方の中にも尺八を演奏される方が多くいらっしゃるようです。有難うございます。


最近、地唄は唄と三味が柱だと気付き、唄に関心が向いています。
>管理人
そうですね。三絃や筝をやっている人間は自然に感じているのですが、尺八の方からすると「何を唄っているのか」を知って演奏すると言うことはより大事なのかもしれませんね。

歌詞を読むことの参考は言うに及ばず、合奏の前に曲の気分を確認するためにも利用させて頂いています。ありがとうございます。
>管理人
こちらこそ有難うございます。今後ともお感じになった事が有りましたら、気軽にコメントして下さると有り難いです。何卒よろしくお願いいたします。

れい2様 大歓迎です!!
2010/11/07 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇治巡り  地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる