地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 四季の花

<<   作成日時 : 2010/04/30 05:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 7

地唄FAN管理人です。

4月いっぱい継続してきた初心者向けの曲のシリーズも今回で一旦終了です。最後は何にしようかと考えましたが、菊原 初子師演奏による「四季の花」と致しました。「何故?こんな小さな曲を最後に?」と感じられる方もおられると思いますが、聴いていただけると管理人の思いが何となく理解いただけるのではないかなと思います。

実は今回色々と探している内に、以前から持っていながら聞いていなかったこの演奏を見つけて様々な感慨を持ちました。曲名も完全には定かでないのですが、確かこの様な名前だったと思います。作曲者も良く分かりません。

確かにこの曲は私も最初に習った覚えがあります。(完全に忘れてましたが・・・)
しかしこの演奏を聞いた途端に思い出し、正に「遠く時間の彼方に行ってしまった自分の過去と向き合う」様な不思議な感覚でした。なんだか懐かしいような、寂しいような、悲しいような・・・

菊原 初子師はどんなお気持ちで演奏されたのかなぁなどと想像してしまいました。




歌詞はあまりにも簡単なので、掲載の必要もないでしょうが・・・


春は花、夏は橘、秋は菊、冬は水仙 梅もどき


「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
三絃では、確かに最初の方に習いました。
小曲集のほうが先だったような気もしますが、
なにぶんはるか昔のことで、
正確な順番は忘れてしまいました。

しかし、これは立派な古典の端歌物です。
そういう意味では、「古典」として、
最初に習ったのはこの曲、というのは
間違いないというところです。

4月のシリーズは、私にとっても
とても勉強になりました。
普段、あまりにも普通に接しているため
忘れていた、なんというか、曲と
出会った当時の感覚といいますか、
管理人さんのおっしゃるように、
時空を越えた不思議な感覚がありました。
そんな中にも、「筆のあと」のような
隠れた名曲(これは学生時代の先生の
レパートリーにも無かった曲でした)
もありましたし、最後に「四季の花」。
初心に帰ろう、ということなのでしょうね。
私のように途中で降りてしまった者にも、
感慨深いなにかがありますから、
三絃を続けられている方には
なおさらそうした感情があるでしょうね。
本当に不思議な感覚です…。
ありす
2010/04/30 12:59
短い曲ですねえ。
習ったような習わなかったような。
最初の頃短い曲を何曲もしましたので、その中にあったかもしれませんがよく覚えていません。
「落し文」や「菜の花」「文月」などの端歌物の小品は覚えていましたけど。どれも「黒髪」よりも短いですけどいいですよね。

4月の初心者シリーズありがとうございました。
勉強になりました。
ままの川、最高でした。5月はどのような曲が聴けるのでしょうか、楽しみにしています!

Youtubeの件は僕も投稿したことがないので、詳しくは分かりませんが、技術的にはそれほど難しいくはないのでアップするのはたぶん可能なのですが、何ぶんアップする動画を持ち合わせておりませんので、お力になれずスミマセン。
raimund
2010/04/30 16:17
raimund様へ 
4月のシリーズがご参考になったようで何よりです。5月の曲を楽しみにしておられるとの事ですが、明日はいよいよ藤枝梅安様が苦手にされている「八重衣」を予定しております。藤枝様が苦手意識を払拭して頂く事が出来ると良いのですが・・・
地唄FAN管理人
2010/04/30 22:30
はじめまして、地歌についていろいろサーチしておりましたらこちらに。子育てのため、お休み中ですが上方舞(地唄舞)を習っておりました折、一番最初に習ったのがこの曲でした。あまりに短い曲ですので手ほどき用に流派の方が考えられた曲と勝手に思い込んでおりましたが地歌の端唄ものだったと知り、驚いております^^;;舞の振付の方も振りらしい振りもなく「舞扇の扱いに慣れましょうね」的動きだったと思いました。それでも入門当初は必死で・・。そのあと「鶴の声」「高砂」(これは江戸端唄の方のようです)と進みました。当時のこと懐かしく思い投稿しました。実は胡弓という楽器に興味を持ち、地歌の胡弓も習っておりますが(こちらもお休み中)地歌そのものの魅力はやはり三絃弾き歌いにあると思います。いつかは三絃も・・と夢見ております。またお邪魔します。


\\\\/+
さつき。
2013/01/25 10:39
地唄FAN管理人です。さつき様ようこそいらっしゃいました。上方舞、胡弓、三絃と色々とご興味をお持ちのご様子ですね。私も現在は全く弾くことから離れておりますが、いずれ復帰したいなと思っております。
小さな事でも結構ですので、コメントが頂戴出来ればとても嬉しいです。
今後共何卒よろしくお願いいたします。
さつき様 ようこそ
2013/01/25 14:46
コメントありがとうございます。管理人さんは長く三絃を習っていらっしゃったのでしょうか。プロフになにもないので謎のお方、とお見受けします(笑)

さっそくで申し訳ないのですが
実は音源を探している曲があります。「千代の契り」という短い曲なのですが(おそらくは端唄もの?)おめでたい
感じの曲で、ネット検索しましても「末の契り」は出てきても「千代の契り」はないのです。お稽古場で習った曲なので現存することは確かなのですが・・。
よろしくお願いします。
さつき。
2013/01/27 09:56
地唄FAN管理人です。
「千代の契り」をご希望とのことですが、残念ながら私はその曲を保有しておりません。申し訳ありません。どなたか他の方 お持ちでしたら さつき様にご協力下さい。何卒よろしくお願いいたします。
さつき様へ 申し訳ありません
2013/01/27 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
四季の花 地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる