地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 萩の露

<<   作成日時 : 2009/06/24 12:21   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 28

地唄FAN管理人です。
皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今回は 「萩の露」 です。
唄・三絃 菊原 初子師
唄・三絃 藤井 久仁江師
唄・箏 阿部 桂子師
尺八 池田 静山師
による演奏です。


03A02

風の子様が熱心に「萩の露」を練習しておられると言うことですので、本日は阿部 桂子師の別演奏をアップさせていただきます。よろしくお願いいたします。(2010/7/7)
唄・三絃 阿部 桂子師
唄・箏 藤井 久仁江師
尺八 川瀬 順輔師
による演奏です。


21B01

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Special thanks to 管理人 千 様  
    (邦楽データベース → 古典データベース) 

          http://www.eonet.ne.jp/~tngk/deta/koten/frame.html

                            (ご紹介者:藤枝 梅安様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

萩の露(はぎのつゆ)


  いつしかも、招く尾花に袖触れ初めて、
  われから濡れし露の萩。
  今さら人は恨みねど、葛の葉風にそよとだに、
  おとづれ絶えて松虫の、ひとり音に鳴く侘びしさを、
  夜半に砧の打ちそへて、いとど思ひを重ねよと、
  月にや声は冴えぬらん。
  いざさらば、空ゆく雁に言問はん。
  恋しき方に玉章を、送るよすがのありやなしやと。


いつの頃であったろうか。尾花に招かれたように、われから求めて袖触れ合い、契りをかわしたが、今は涙の思い出である。
今更去った人を恨むわけではないが、葛の葉が風に吹かれて裏返るように、秋の空と男心は、待ちかねているこちらの心を知ってか知らずか、ちっとも便りをくれない。松虫が誰を待つのか独り鳴いている侘しさを、遠く聞こえる夜半の砧の音が更に思いを募らせる。侘しいときは思う限りに思うて見よと、無常に持つ気の声が冴えて聞こえてくるようだ。
さてさて、空を飛んでゆく雁に問うてみたいものだ。恋しい人に私の便りを、何とか届ける方法がないものであろうかと。

解説
[調弦]
三絃:本調子−三下り−本調子
箏:四上り半雲井調子−半雲井調子

[作曲]
幾山検校
箏手付け:八重崎検校

[作詞]
霞紅園

[他]
京風手事物。
秋の情趣に事寄せて、訪れ絶えた恋人を思い、独り待ち続ける心を唄ったもの。手事は、マクラ・手事・中チラシ・本チラシからなる。
打合せを意識した作曲がなされ、本チラシは『磯千鳥』のチラシに、前歌の砧を描写する合の手は『笹の露』の合の手の一部と合う。かつての許し物。


インターネット上で見つけた歌詞の解説サイトです。こちらはリンクして参照頂くのが良いのではと思いますので、URLを掲載させていただきます。(山戸 朋盟様のHPより)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~houmei/kasi/haginotsuyu.htm


「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は。

この曲はよく存じませんで。
もっとジックリ聞いて感想を申し上げたいと思います。

作曲は、幾山検校と申し上げるかたで、京風手事物最後の作曲者であるということです。

「横槌]、「影法師」などから察するに、たおやかな情緒の人でありましょうか。

喜音院
2009/06/25 23:11
喜音院様へ

コメントありがとうございます。この様に書き込んで頂けるととても励みになります。「横槌」「影法師」などの曲をご存じと言うことはかなりお詳しい方と拝察いたします。

私のライブラリにも両曲は入っておりますが、このブログに乗せるのはかなりかなり先の方になると思います。それまでちゃんと続けていく気持ちを持ち続けることが出来るかどうかが問題ですが、この様に聞いて頂ける方からの反応が有るととても励みになります。ありがとうございます。

喜音院様の近くにも地唄の古典に興味のある方がいらっしゃるやもしれません。その方たちにも本ブログをご紹介頂けると大変嬉しく思います。

喜音院様からやる気をいただきましたので、予定を早めて本日 「越後獅子」をアップ致しますので、そちらもお聞きいただけると幸いです。
地唄FAN管理人
2009/06/26 07:56
改めて拝聴致しました。

名演ですね!

びっくりしました。

一度で分からない身の不徳ですが、名作でもありますね。咳が聞こえるので、ライブですね。程よい緊張感や高揚感が感じられます。

山田流の系統はさておいて、この曲の持つ上品さは、数ある地唄のなかでもなかなか珍しいのではないでしょうか。(私のわずかな地唄筝曲の知識と微力な耳によりますが)

いつぞやラジオで「影法師」が放送された時、随分甘ったるい曲だな、と感じましたが、この演奏のような心持が作曲者の心や、他の曲趣にあっているのでしょうね。


音量を小さくして聴いたので、分からなかったのですが、
喜音院
2009/06/28 23:20
追記

すいません。文章が前後してしまいました。

最初聴いた時、音量が小さかったのです。

そして管理人様に貴重な音源のご披露、
感謝致します。
喜音院
2009/06/28 23:22
このように丁寧で、充実したブログに出会えて、思わず文字盤をたたいています。この8月、70歳を迎えるのを機に、大好きな尺八(修行)を、人生最後の趣味として、ゆっくり、味わいながら取り組んでみようと、始めました。願ってもない先生が見つかり大喜びです。よろしくお願いします。風の子
風の子
2010/06/24 07:15
風の子様 ようこそいらっしゃいました。管理人です。大歓迎です!!

このブログも熱心な皆様の応援でなんとかここまでやって参りました。本当に感謝しております。風の子様も是非とも継続的にお出でいただけると有り難いです。

何かに打ち込む気持ちが有るならばそれは「若者」の証拠だと思います。私も死蔵していた音源で皆様に喜んで頂けるならこれに勝る慶びはありません。これからも少しずつ充実して参る所存ですので末永くよろしくお願い致します。

ご意見、曲目の追加のご要望、「聴いたぞ!」などのコメントを気軽にして頂けると管理人も励みになります。なにとぞよろしくお願い致します。失礼致します。
地唄FAN管理人
2010/06/24 08:19
本日 風の子様から初めてコメントを頂戴しましたので、ふと改めて聴き直してビックリ!! 

この演奏は
唄・箏 菊原 初子師
唄・三絃 阿部 桂子師、藤井 久仁江師
尺八 不明ですが、都山流の方?
による演奏のようです。
曲紹介の冒頭では「残月」と同じ構成での演奏と記載しましたが、どうも間違っていたようです。スミマセン。

尺八に関しては ありす様が解明して下さるかも知れませんね。宜しくお願いいたします。

地唄FAN管理人
2010/06/24 18:45
尺八は都山流の方、というところまでは
間違いないです。ただライブということと、
私は都山流の方はそれほど詳しくない、
ということがありますので、自信が無いのですが、
おそらくは池田静山師でしょうか。
池田静山師ではなくとも、
趣味はよい方だと思います。
ありす
2010/06/24 21:30
ありす様へ

尺八の方の情報有り難うございました。管理人の管理能力の無さで演奏家が分からなくなっており誠に申し訳ないです。よろしくお願いします。

地唄FAN管理人
2010/06/25 08:02
ありす様 管理人様
早速、尺八に関するお話をしてくださって、ありがとうございました。今、地唄FANで、出会った「萩の露」を、すばらしい曲目紹介文をひもときながら、繰り返し聞かせていただいています。まだ、尺八の音がしっかり聞き取れない、情けない風の子ですが、古典邦楽に、何か、遠くて近い風の音のような、親しみを感じたりしています。
風の子
2010/07/07 20:17
風の子様
コメント有難うございます。いらっしゃるのは2度目ですね。お待ちしておりました。
管理者画面で「萩の露」に何度かアクセスしておられる方がいらっしゃるのでもしや 風の子様ではないかと思っておりました。有難うございます。
風の子様の熱心さに感激して本日管理人が保有しております阿部桂子師の別演奏をアップさせていただきます。こちらも尺八が入っておりますが、別流派の様に思いますのでご参考になれば幸いです。
またご感想などお聞かせいただけるとありがたいです。他の曲もそれなりに有りますので、お聴きになったら簡単なコメントでもいただけるとありがたいです。
なにとぞよろしくお願いいたします。

地唄FAN管理人
2010/07/07 22:19
つい最近まで「笹の露」をやっていましたが、
「萩の露」も風雅な趣味の佳作ですよね。

本チラシは『磯千鳥』のチラシと、前歌の砧を描写する合の手は『笹の露』の合の手の一部と打ち合わせ可能、ということで
幾山検校は京風手事物の先輩の菊岡検校の作品にあこがれなど抱いていたのでしょうか?
菊岡検校ほどの先輩がいると、なかなかそれ以上を求めるのも大変な話ですナ。

いずれにしても「笹の露」同様、長大な曲なので演奏は大変ですね。尺八なんてだんだん血が上ってきませんか?
(素人なので、尺八は吹くのにどれぐらいの力がいるのか分かりませんけど)なんか大変そう。
raimund
2010/07/07 23:47
幾山検校は「打合せ」にかなり凝った人なのです。
萩の露では菊岡作品ですが、
自身、「横槌」「打盤」という
「打合せ物」をつくっています。

「打合せ」が出来る作品は結構あって、
新浮舟、若菜、里の暁、あたりもたしか
そうであったと記憶しています。

尺八は琴古流ですね。
おそらく青木鈴慕師かと思われます。

しかし、これはすばらしい演奏ですね。
特に阿部桂子先生のニュアンス豊かな演奏は
すごく感銘を受けました。
今犬に手を噛まれて楽器が演奏できないのですが、
また萩の露もやってみたくなりました。
ありす
2010/07/08 06:35
失礼しました。
尺八は三世川瀬順輔師ですね、
お詫びして訂正いたします。
ありす
2010/07/08 07:33
管理人様 アリス様 raimund様
都山流と琴古流の最高峰の先生の「萩の露」を聞かせていただいて、なんとお礼を申し上げたらいいのか……
この曲は、尺八では奥伝の曲で、私は、譜面を見ただけでは正しく演奏などできません。少しずつ「耳で覚えて譜面を読む」こんな作戦で、この曲に挑戦してみようと思っています。気が遠くなるような時間がかかりそうです。
風の子
2010/07/10 06:03
風の子様 コメント有り難うございます。
両方の演奏共に参考になったようで何よりです。私などは現在弾くことを止めてしまっているので、風の子様のご努力には敬服しております。
他の曲もお聴きになる機会がございましたら気軽にコメントなどしていただければと思います。よろしくお願い致します。


地唄FAN管理人
2010/07/10 08:32
 生の貴重な演奏が聞けて、すばらしいです。ありがとうございました。これからも、頼りにしたいと思います。蛇足ながら、、、


 さてさて、空を飛んでゆく雁に問うてみたいものだ。恋しい人に私の「頼り」を、何とか届ける方法がないものであろうかと。

 とありますが、意味を考えると「便り」が正解のような気がします。
カズボウ
2010/08/18 00:06
地唄FAN管理人です。

カズボウ様 初めまして。大歓迎です!! また貴重なご指摘有り難うございました。管理人の不手際でした。仰るとおりと思いますので、早速修正させていただきます。

もしよろしければこれからも是非 他の曲もお聴きいただき、コメントなどしていただけると有り難いです。
今後とも何卒宜しくお願いいたします。

カズボウ様 初めまして!!
2010/08/18 10:24
はじめまして  デルフィンと申します
11/7(日)に「萩の露」を抜粋で演奏予定です
また来年2月には全曲演奏の予定です
素晴らしい演奏をUPしていただき有難うございます

ところでブログ初心者なのでよくわからないのですが、PCに曲を保存しようとしましたが、わかりませんでした。ここでは曲の保存はできない設定なのでしょうか?
デルフィン
2010/11/04 15:46
デルフィン様 コメント有難うございました。地唄FAN管理人です。 

「萩の露」を練習されているとの事。地唄FANブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

なお現在音楽データはダウンロード出来ない設定になっております。ご面倒でもその都度ブログに来ていただいてアクセスしていただくしかありません。何卒よろしくお願いいたします。

もしよろしければ練習されておられる曲以外にもコメントいただけると有り難いです。よろしくお願いいたします。
デルフィン様 始めまして!! 大歓迎です
2010/11/04 23:00
二つ目の尺八の演奏者情報です。
青木鈴慕ではとのことですが、二世川瀬順輔です。
現在の宗家とは相当違う吹き方をされています(初代が勅使河原笛友のご子息を養子にしています)。
確かに二世青木鈴慕に通じる演奏のスタイルですが、あれほどの外連味はなく、品のよい演奏になっていると思います。
とおりすがり
2010/11/08 02:08
地唄FAN管理人です。
とおりすがり様 コメント有り難うございます。

私の管理状況が悪く、演奏者をきちんと記載できず大変申し訳ございません。また私は糸方の人間なので、尺八の奏者となるとなおさらハッキリしないと言うのが実状です。

貴重なコメントを有り難うございました。
今後とも何とぞ宜しくお願いいたします。

とおりすがり様 有り難うございました
2010/11/09 10:41
はじめまして。三絃を始めて3年目の者です。素晴らしいブログです!新しい曲を稽古する時に、こちらのブログで勉強させていただきます。管理人様のコメント、訪れていらっしゃる方がたのコメントも本当に勉強になります。小さい頃は古曲が苦手だったのですが、ようやく今頃になって、恥ずかしながら古曲のよさが少しづつわかってきたような気がします。
これからも、また勉強させていただきにお邪魔いたします。宜しくお願いいたします。
ごま
2011/05/31 11:28
ごま様 初めまして。

地唄FAN管理人です。コメントありがとう御座います。当ブログがお役に立てているようで本当に嬉しいです。

実は震災以後何となく気持ちも乗らず、ブログの更新も怠っていますが、コメントしていただく方々からのアドバイで「音楽事典」の様な作り方をしてあった為に、更新していなくても色々な方々に訪れて頂いているようです。

その中でもごま様の様に何人かの方にコメントを頂戴できてとても嬉しく思っております。
是非とも今後ともよろしくお願いいたします。

新しい曲をお聴きになったときに「聞いたよ!!」と言うコメントだけでも結構ですので、是非とも皆さんも書き込んで頂けるととても励みになります。

そろそろ少しずつ気力も戻ってきましたので、来月後半くらいからは更新を開始しようと考えていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ごま様 コメントありがとう御座います。
2011/05/31 17:45
管理人様 こんばんは。「震災後なんとなく気持ちが乗らず」というお気持ちよくわかります。私もしばらくとても気持ちが落ち込んだり、体の調子がなんとなく悪かったりしていました。どうぞご無理をなさらずに、お過ごしくださいませ。またお邪魔いたします。
ごま
2011/06/02 22:33
日本の古典音楽だと思いますが、気持ちが落ち着きますね
Papillon
2013/09/15 21:38
Papillon様 ようこそいらっしゃいました。
ブログの管理人です。コメントありがとうございます。

またお聞き頂き、何か感じたことが有りましたら気軽にコメントなどして頂けると有難いです。

よろしくお願いします。

Papillon様 始めまして
2013/10/07 15:37
二世川瀬順輔師は、勅使川原笛友師のご子息ではありません。
勅使川原笛友(巳幸)師のお弟子で、素質は勿論のこと人物も大変優れていて、縁あって初世川瀬順輔氏の養子になられた方です。

「萩の露」、懐かしく拝聴させていただきました。
ありがとうございます。
きょしん
2014/08/02 10:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
萩の露 地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる