地唄FAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 万歳獅子

<<   作成日時 : 2008/09/24 15:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

皆様 お久しぶりです。
やっと暑い日々から逃れることが出来て、朝夕涼しくなってきました。
まさに地唄鑑賞にはもってこいの季節ということですね。

本日は万歳獅子をアップします。
唄・三絃 菊原 初子師
三絃(八千代獅子) 菊津木 昭子師
による演奏です。

聞かれたら簡単で結構ですのでコメントなど頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。


02B02

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Special thanks to 管理人 千 様  
    (邦楽データベース → 古典データベース) 

          http://www.eonet.ne.jp/~tngk/deta/koten/frame.html

                            (ご紹介者:藤枝 梅安様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

万歳獅子(ばんぜいじし)


  君が代は久しかるべきためしには、
  かねてぞ植ゑし住吉の、

  [手事]

  松の双葉はあやかりものよ、青葉はまして落葉さへ、
  妹背かはらぬ契とは、嬉しからうであるまいか、

  [手事]

  松のよはひを重ねかさぬる、松のよはひを重ねかさぬる。


君が代は末永く栄えるという例えにはかねて植えた住吉の松であるが、松の双葉は我々も似たいものである。
青葉はもちろんのこと、落葉となっても、双葉は離れず夫婦の契りは堅く変らないのは嬉しいではなかろうか、齢を重ね重ねて千才の齢を重ねるというが、めでたい限りである。

解説
[調弦]
箏:平調子
三絃:二上り

[作曲]
不詳

[作詞]
不詳

[他]
二上り手事物。獅子物。
長寿の松に寄せて君が代を祝したもの。
『新増大成糸のしらべ』に詞章初出。
『八千代獅子』全曲との打合せが可能。
前後に二つの手事が入り、はじめの手事は『八千代獅子』の手事初段に、後の手事は同三段目にあたる。


「地唄FAN」は地唄の音楽事典としてお使い頂くことを目指してます。
以下から一覧表をご参照下さい。

作曲者別一覧表      五十音順一覧表      演奏者別一覧表

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は山田流出身なので 実際には限られた曲しか勉強する機会がなく アップされた曲も知らないものが増えてきました。
この曲は だいぶ前正派の人と一緒に演奏させてもらいましたが、ずいぶん印象が違うように思えました。
きっと古い音源なのでしょうが、演奏者がおわかりでしたらお教え下さい。
みゅう
2008/10/07 20:19
譜面を探してみたら、あらら…正派の方とご一緒したのは「万歳」と判明。勘違いでした。失礼しました。
でも 演奏者は知りたいので、教えて下さい。
みゅう
2008/10/10 23:05
みゅう様へ
コメント有難うございます。
演奏者に関してですが、別便で届いている会員第一号さんの情報では菊寺 光治師との事ですよ。それ以上のことは相変わらず分からないのです。スミマセン
地唄FAN管理人
2008/10/12 12:43
やはりそうでしたか。私もそう思ったのですが、古い音源でしょうから、菊原光治さんではないだろう…では いったい誰か と気になったのです。光治さんは、今も昔もお変わりないということですね。
みゅう
2008/10/14 09:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
万歳獅子 地唄FAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる